【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは30日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁はワシントンでのロケッツ戦に先発して本拠地デビューを果たし、35分31秒プレーして初の3点シュートを決めるなど、自己最多の23得点、5リバウンドをマークした。チームは158―159で競り負けた。

 八村はマーベリックスとの今季開幕戦から全試合に先発。前半に13得点し、後半にも2本の3点シュートを含む10点を挙げた。2桁得点は開幕から4試合連続となった。