【ニューヨーク共同】米アップルが30日発表した2019年7~9月期決算は、売上高が前年同期比2%増の640億4千万ドル(約6兆9700億円)となった。2四半期連続で増収を確保し、7~9月期としての過去最高を更新した。主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」は振るわなかったが、サービス部門やウエアラブル端末が好調だった。

 一方でコストがかさみ、純利益は3%減の136億8600万ドルにとどまった。減益は4四半期連続。

 19年9月期決算は、売上高が前期比2%減の2601億7400万ドル、純利益は7%減の552億5600万ドルと、3年ぶりの減収減益。