【ロンドン共同】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランス大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)が経営統合することで基本合意したことが30日明らかになった。31日にも発表する。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)などが報じた。

 両社の2018年の世界販売台数を合計すると871万台。実現すれば世界4位の大手自動車メーカーが誕生する。

 報道によると、両社は対等合併を目指している。新会社の会長にFCAのジョン・エルカン会長が就き、最高経営責任者(CEO)はPSAのカルロス・タバレスCEOが務める。