【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利の引き下げを決めた。7月と9月に続く3回連続で、下げ幅は同じ0・25%とした。米中貿易摩擦の長期化で製造業の活動低迷を警戒し、金融緩和で景気悪化を未然に防ぐ。

 FRBは会合終了後の声明で、前回までの「景気拡大を維持するために適切に行動する」との表現を削除。「適切な金利水準を見極める」と説明、利下げを当面打ち止めとする考えを示唆した。

 パウエル議長は記者会見で、今回の利下げは米中対立など「進行中の下振れリスクへの保険」と説明した。