橋本聖子五輪相は30日、東京都内で開かれた共同通信加盟社整理部長会議で講演し、国際オリンピック委員会(IOC)が示した東京五輪のマラソン、競歩を札幌市で開催する計画に理解を示した。「アスリートファーストがIOCの大きなテーマだ。ドーハでの陸上世界選手権の結果、やむを得ない判断を下したと思う」と述べた。

 東京都が入念に準備を進めてきた経緯も踏まえ、IOCや大会組織委員会に対し「東京大会の成功に向け機運が下がらないよう配慮してほしい」と求めた。30日に始まったIOC調整委員会などとの合同会議で、コーツ委員長が提案した4者協議に出席する意向も表明した。