セブン―イレブン・ジャパンは30日、販売期限の迫ったおにぎりやサンドイッチなどの購入者に税抜き価格5%分のポイントを還元する食品ロス削減策を四国4県と北海道の計約1360店舗で開始した。実質的な値引きにより購入を促す。12月31日まで実施して効果を検証し、来春の全国展開を目指す。

 四国では販売期限の3時間前から、北海道では5時間前から、対象商品に「5%付与」と記したバーコード付きシールを貼る。ポイントは電子マネー「nanaco(ナナコ)」に付与する。おにぎりや弁当、調理パンといった食品が対象で、北海道ではデザートなども含む。