【釜山共同】韓国の革新系市民団体が30日、南部・釜山の日本総領事館付近を「抗日通り」と“命名”し、近くの公園に看板を設置した。管轄する釜山市東区は「看板は違法設置物にあたる」との見解を示している。阻止しようとする警察ともみ合いになったが、団体側は設置を強行した。

 日本政府は30日、外交ルートを通じて韓国政府に抗議し、看板を速やかに撤去するよう求めた。

 公園には韓国人元徴用工を象徴する像が置かれており、団体側は総領事館前にある従軍慰安婦問題の少女像までの約150メートルを「抗日通り」と名付けると宣言。元徴用工訴訟の韓国最高裁判決から1年となるのに合わせた。