大阪(伊丹)空港の全日空の保安検査場で今月17日、乗客の手荷物の中のカッターナイフを係員が見落としていたことが30日、関係者や同社への取材で分かった。同空港では9月に係員が乗客の刃物を見逃すミスがあり、国土交通省が国内の全航空会社と空港管理者に検査の手順を再確認するよう指示したばかりだった。

 全日空などによると、17日午前8時55分ごろ、新潟行きの便に搭乗する乗客が保安検査後の出発エリアで「かばんに誤ってカッターナイフを持ってきてしまった」と同社職員に申し出て発覚した。刃の長さは6・5センチで、職員が受け取り、処分した。