茨城県の常磐自動車道で8月に起きたあおり運転殴打事件を巡り、インターネットで「同乗者の女」とデマを広げ名誉を傷つけられたとして、東京都の会社経営の女性から慰謝料を求める訴訟を起こされた愛知県豊田市の原田隆司市議(57)が30日、市役所で記者会見し、改めて謝罪した。

 批判や辞職を求める内容のメールのほか、無言電話が相次いでおり、原田市議は「女性にもたくさんの連絡があっただろうと身に染みて感じる」と述べた。その上で議会の視察などに追われ対応が遅れ、女性側の不信を招いたとし「早く対処すべきだった。私のミスだ」と釈明した。