東京都の小池百合子知事は30日、2020年東京五輪の暑さ対策としてマラソン、競歩の開催地を札幌市に変更する国際オリンピック委員会(IOC)の計画について「開催都市の長として、都民の代表として東京開催を望みたい」と改めて容認しない考えを示した。IOC調整委員会、大会組織委員会などとの合同会議が同日始まり、冒頭のあいさつで述べた。

 会議は3日間の日程。変更は決定事項とするIOCのコーツ調整委員長は「合意を得られずに日本を離れたくない」と述べ、IOC、都、組織委、政府の4者による実務者協議の開催を提案した。