ソフトバンクの柳田悠岐外野手が30日、近日中に右肘のクリーニング手術を受けることを明らかにした。9月初旬から痛みを抱えていたといい、29日に病院で検査を受けていた。来年の春季キャンプは間に合う見通しで「しっかりリハビリをすれば大丈夫。ランニングとかもやれれば」と話した。

 今季は左脚故障で約4カ月半離脱し、38試合の出場で打率2割8分9厘にとどまった。右肘は2015年秋にも手術を受けている。ヤフオクドームで柳田と面談した工藤監督は「悪いところがあれば早めに取ったほうが気持ちもすっきりして来年を迎えられる。一番いい選択をしたんじゃないか」と背中を押した。