ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の3位決定戦(11月1日・味の素スタジアム)でニュージーランドと対戦するウェールズが30日、登録メンバー23人を発表し、ロックのA・ジョーンズ主将、今大会最多の6トライを挙げているWTBアダムズらが先発に入った。1953年以来のニュージーランド戦勝利、W杯過去最高に並ぶ3位を目指す。

 準々決勝後に追加招集された21歳のWTBレーンら若手も名を連ねた。この試合を最後に退任するガットランド監督は、チームの将来を見据え「何がウェールズのラグビーにとってベストか。W杯でプレーするチャンスは重要」と説明した。