財務省は30日、全国財務局長会議で10月の経済情勢報告を示した。全11地域のうち北陸の景気判断を「拡大に向けたテンポが緩やかになっている」とし、2013年1月以来、6年9カ月ぶりに下方修正した。中国経済の減速を受け、生産用機械の需要が減少した。全国の総括判断は「回復している」で据え置いた。

 関東と中国は判断を維持したが「生産の一部に弱さもみられる」との文言を加えた。

 項目別では、生産活動の判断を北海道、東北、関東、北陸の4地域で引き下げた。輸送や電気機械の需要が減少したことなどが影響した。情報通信機械が伸びた近畿は判断を引き上げ、残る6地域は据え置いた。