【北京共同】日本の中国研究者らでつくる「新しい日中関係を考える研究者の会」は30日までに、中国当局が北海道大の男性教授を拘束した事件について「理由が不明なままの拘束は国際社会では到底受け入れられない」として「深い懸念」を表明し、情報開示を求めるアピールを発表した。

 「中国社会科学院近代史研究所の招聘に応じ北京を訪問した教授を拘束しておきながら、関係当局は拘束事由や背景事情を一切明らかにしていない」と批判。「中国のイメージに大きく傷がつき、人々の不信感が増長することは避けられない」と強調。交流事業を見直したりする動きが広がっていると指摘した。