愛知県稲沢市で2016年、塾講師角田幸司さん=当時(60)=が殺害された事件で、殺人罪などで起訴された美容師浅野勉被告(65)が、角田さんの当時の妻で介護ヘルパー菅井優子被告(51)=同罪などで起訴=から「殺害を依頼され、事件前に250万円を受け取った」と供述していることが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 菅井被告は黙秘し、浅野被告は「角田さんを刺し、家に火を付けた」と供述している。浅野被告は当時、借金があったとみられる。

 菅井被告と結婚した直後、角田さんには菅井被告を受取人とする3千万円の生命保険がかけられていたが保険金は支払われなかった。