財務省が30日発表した9月の品目別の貿易統計によると、韓国向けのビール輸出額は前年同月比99・9%減の58万8千円だった。日本政府が7月から始めた輸出管理の規制強化に猛反発する韓国で、日本製品への不買運動の影響が続いているようだ。半導体の洗浄に使う「フッ化水素」の韓国への輸出額も99・4%減の372万3千円だった。

 フッ化水素の8月の韓国向け輸出は、数量、金額ともにゼロだった。その後、政府による許可手続きが進んだとみられる。8月のビール輸出額は92・2%減の5009万千円だった。

 政府は7月4日からフッ化水素を含む3品目で、韓国への輸出管理を厳しくした。