JR東海は30日、来年7月にデビューする東海道新幹線の新型「N700S」の試験車両を東京駅から愛知県の豊橋駅までの本線で走行させ、座り心地が良くなったグリーン車の座席など内部を公開した。

 N700Sはこれまでの東海道新幹線車両と同じ1編成16両で総座席数は1323。2020年東京五輪・パラリンピック開幕直前に最初の5編成が入り、東京―新大阪の大動脈を担う。山陽新幹線での運行も想定しており、走行試験をしているという。

 JR東海新幹線鉄道事業本部の上野雅之副本部長は「五輪前に営業運転を始める時代の象徴。最高性能を備えており、期待してほしい」と話した。