神戸市のJR三ノ宮駅前で4月、市営バスが横断歩道に突っ込み歩行者6人を死傷させた事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた運転手大野二巳雄被告(65)=起訴休職=に神戸地裁は30日、禁錮3年6月(求刑禁錮5年)の判決を言い渡した。

 川上宏裁判長は判決理由で、安全運転を期待される市バス運転手なのに、赤信号で止まるという基本的な注意を怠ったと指摘。「結果は重大で遺族の処罰感情は厳しい。社会に与えた影響は大きく、近年の交通事故に対する国民の刑罰感情に照らして実刑はやむを得ない」とした。

 判決後、被告の弁護人は本人に控訴の意思がないと明らかにした。