河野太郎防衛相は30日、東京都内で開かれた防衛政策などを議論する経団連の会合に出席し、防衛装備品の輸出や、装備品開発を巡る国際協力の推進に意欲を示した。国内の防衛産業に関し「自衛隊しかマーケットがなく、装備品(開発)のコストが高い」と指摘。装備品について「(海外移転を)きちんと進める。さまざまな国との協力は必要になる」と述べた。

 同時に「今後、防衛装備品の産業基盤をどう強くしていくかは大きなテーマだ。経済界と相談していきたい」と語った。

 会合は経団連側が呼び掛けた。経団連側からは、古賀信行審議員会議長らが出席した。