大学入学共通テストの英語で導入される民間検定試験を巡り、萩生田光一文部科学相は30日の衆院文部科学委員会で、「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」とした自身の発言について「改めてこの場を借りて、国民の皆さま、特に受験生の皆さまにおわび申し上げる」と述べた。

 自民党の馳浩氏から問題の発言の真意を問われ、萩生田氏は「どのような環境にいる受験生でも、力を最大限発揮できるよう、全力で頑張ってもらいたいとの思いだった。結果として不安や誤解を与え、私の不徳の致すところ」と釈明した。

 発言があったのは24日のBSフジの番組。