【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁は29日、本拠地ワシントンのチーム施設で30日午後8時(日本時間31日午前9時)開始予定のホーム開幕戦となるロケッツ戦に向けて調整した。練習は終盤が公開され、連係の確認やシュートの打ち込みを行った。

 ウィザーズは開幕から3戦を敵地で戦って1勝2敗で、八村は3戦全てに先発。実力者とのマッチアップが続くが、1試合平均16・3得点、7・7リバウンドをマークして主力級の活躍を見せている。ブルックス監督は「日々上達して、良くなっている」と成長を感じ取る。いよいよ本拠地でデビューを飾る。