【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングの最新鋭機737MAXが起こした2件の墜落事故を巡り、米上院商業科学運輸委員会は29日に公聴会を開いた。ミュイレンバーグ最高経営責任者(CEO)は「私たちはいくつかの間違いを犯した」とし、事故時に誤作動を起こした自動失速防止装置に関する情報を事故前にパイロットに伝えられなかったことなどを陳謝した。

 ミュイレンバーグ氏が事故後に公聴会に出席するのは初めて。公聴会で「CEOとして強い責任を感じる」と語った一方、公聴会前に米メディアから運航再開後に辞任するかどうかを問われた際、自らの進退への言及を避けた。