【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は29日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)を2日間の日程で始めた。トランプ大統領は29日、「われわれには無限の可能性があるが、FRBが足を引っ張っている」とツイッターに投稿し、大幅な利下げを改めて要求した。

 トランプ氏は、日本や欧州がマイナス金利政策を導入していることに触れた上で、FRBも日欧に追随すべきだとの考えを示した。市場は主要政策金利を年1・75~2・0%から0・25%引き下げると見込んでいる。

 FRBの内部では、株式市場などのバブルを警戒して利下げに難色を示す声もある。