愛知県西尾市の河川敷でスーツケースから白骨化した遺体が見つかった死体遺棄事件で、司法解剖の結果、遺体は25~40歳の女性とみられることが3日、西尾署捜査本部への取材で分かった。死後1カ月半~3カ月経過しており、死因は不明という。

 捜査関係者によると、スーツケースには中国籍の女性(37)の身分証も入っていた。この女性は複数回の来日経験があり、今回は6月に入国し、東京・池袋の民泊に宿泊していたが7月ごろ失踪。8月上旬に弟が警視庁に行方不明届を出したという。

 また遺体は体育座りのような姿勢で、スーツケースに入れられていた。ひもなどで縛られたような痕はなかった。