東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親雄大被告(34)の裁判員裁判が3日、東京地裁であった。出廷した元妻優里被告(27)=一審判決で懲役8年、控訴=は「おなかをサッカーボールのように思い切り蹴ったり、勉強している時に頭を厚紙でたたいたりしているのを見た」と雄大被告の虐待の様子を証言した。

 証言によると、雄大被告は2016年4月に結婚した当初、結愛ちゃんとの関係は良好だったが、次第にしつけに厳しくなり、長いときは1時間にわたって説教するようになった。