政府は3日、未来投資会議を開き、自動運転や金融、建築の各分野で、先端のデジタル技術に対応した規制を整備するための議論を始めた。人工知能(AI)を使ったビッグデータ分析など、新たな技術の活用は効率化につながるが、規制が追い付いていない事例が出てくるとみられ、将来のルールづくりを見据えて実証事業を行う計画だ。

 会議では、大企業と革新的な技術を持つベンチャー企業の連携を促す環境整備についても議論した。大企業がベンチャーを買収したり、出資したりする場合の税制優遇の導入を目指す。