三井住友海上火災保険は3日、車載カメラの顔認証機能を使い、脇見の頻度などから運転手ごとに事故のリスクを判定する企業向けの新サービスを来年1月に始めると明らかにした。スマートフォンを使用しながら車を走らせるなどの「ながら運転」が今年12月から厳罰化されるため、車で営業する社員の事故を減らしたい企業に売り込む。

 三井住友海上から貸与された車載カメラの顔認証機能で運転手を特定。運転中に脇見や居眠り、スマホの操作をしないかどうか監視し、見つけた場合は警告音を発する。一方、ドライブレコーダーのセンサーが急加速や急ブレーキ、急ハンドルなどの乱暴な運転を検知する。