トヨタ自動車の労使が今冬の一時金(ボーナス)を決める交渉を9日に開くことが3日分かった。例年は春闘で夏冬の年間ボーナスを決定していたが、2019年は夏分は決着したものの、経営環境の厳しさの認識が労使とも甘いとし、冬分は持ち越していた。トヨタ労使が秋に交渉するのは異例だ。

 トヨタ労働組合は年間6・7カ月分のボーナスを経営側に要求。今回の交渉で約3・2カ月(組合員1人平均120万円)だった夏分を合わせて満額回答を得られるかどうかが焦点だ。満額割れとなれば、リーマン・ショックからの業績回復が不十分だった10年以来9年ぶりとなる。