台風18号は日本海を東寄りに進み、温帯低気圧に変わって4日は東北・北陸に接近する。日本海側は非常に強い風が吹き、大しけになりそうだ。北日本は非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は3日、土砂災害や浸水、河川の増水に厳重な警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要になる。

 気象庁によると、台風18号から変わった温帯低気圧が進むにつれて暖かく湿った空気が流れ込む地域も東に移る。4日は東日本太平洋側で大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴った猛烈な雨が降る地域がある。