日本郵政グループから報道を巡って抗議を受けたNHK経営委員会が同局の上田良一会長を厳重注意した問題で、番組チーフプロデューサー(CP)の「会長は番組に関知しない」との不十分な説明をNHKは後に釈明したが、郵政側が抗議を続けていたことが3日、分かった。国会内での野党合同ヒアリングでNHKが明らかにした。

 郵政側は釈明を受けた後もNHKの最高意思決定機関である経営委にさらなる対応を要請。揚げ足取りとも取れる執拗な抗議で、会長の事実上の謝罪を引き出していたことが改めて浮き彫りになった。