日本を代表する人気ソプラノ歌手で、紅白歌合戦にも出るなど幅広く活躍した声楽家の佐藤しのぶ(さとう・しのぶ)さんが9月29日、死去した。61歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。後日お別れの会を開く予定。夫は指揮者の現田茂夫(げんだ・しげお)さん。

 国立音大卒。文化庁の研修所で学び、1984年、二期会の「メリー・ウィドウ」「椿姫」でデビュー。文化庁の派遣でイタリアのミラノに留学。華やかな存在感と豊かな歌唱で、ウィーン国立歌劇場をはじめ、欧米の歌劇場や、東京の新国立劇場など、国内外の多くの舞台で活躍した。