韓国大使館の40代男性事務職員が9月中旬の朝、東京都渋谷区の路上で20代男性の顔を殴ったとして暴行容疑で警視庁渋谷署に書類送検されていたことが3日、分かった。同署は職員を現行犯逮捕したが、大使館員と判明したため、不逮捕特権が認められる「外交関係に関するウィーン条約」に基づいて釈放し、任意で調べていた。

 渋谷署によると、職員と男性に面識はなく、いずれも酒に酔っており、何らかのトラブルがあったとみられる。男性にけがはなく、その場で職員を取り押さえて通報した。逮捕後、職員は認否について回答しなかったという。