関西電力役員らの金品受領問題で、関電の大西健太郎法務部長らは3日、福井県高浜町議会の原子力対策特別委員会に出席し、岩根茂樹社長らが2日に公表した調査報告書について説明した。

 冒頭で大西氏や高浜原発所長ら計3人が「ご迷惑をお掛けし深くおわび申し上げます」と陳謝。同特別委員会の松岡茂和委員長は「不祥事なのに『法的に問題がない』という説明では通用しない。クリーンな会社となって新たに町と信頼関係を築いてほしい」と批判した。

 委員からは「関電の信頼が下がった」「(金品を)受け取った役員は辞めるべきだ」などの声が相次いだ。