【ワシントン共同】来年の米大統領選の民主党候補指名を目指すサンダース上院議員(78)が1日夜、米西部ネバダ州ラスベガスで選挙運動中に胸の痛みを訴え、病院に搬送された。動脈に血栓が見つかり、網状の筒を入れて拡張させる手術を受け成功した。米メディアが2日伝えた。陣営によると、数日間休養するが元気という。遊説や集会はいったん中断する。

 民主党候補指名争いは、中道のバイデン前副大統領と、急速に支持を拡大する最左派ウォーレン上院議員が首位争いを繰り広げ、同じ最左派のサンダース氏が続いている。サンダース氏の動向は指名争いの情勢を左右するため、健康状態が注目される。