国会質問を巡り、政府が作成して関係者向けのイントラネットに掲載していた資料が外部に流出した可能性がある問題で、内閣総務官室が全省庁に調査を実施するよう指示したことが分かった。政府関係者が29日、明らかにした。

 資料は、15日に開かれた参院予算委員会に向け、政府側が与野党の国会議員から質問要旨を入手した時刻などを記した一覧表。民主党政権で官房副長官を務めた松井孝治氏がツイッターで画像を一時公開していた。

 関係者によると、総務官室は各省庁に対し、出先機関の職員を含めて聞き取りを実施し、一覧表閲覧や部外者への提供の有無を11月1日までに報告するよう要求した。