【ロンドン共同】サウジアラビア資本の衛星テレビ局アルアラビーヤなどは29日、サウジ国営石油会社サウジアラムコが12月に自国内の証券取引所に上場する計画だと報じた。11月3日に新規株式公開(IPO)計画を発表するという。

 当初は10月20日に計画を公表するとされていたが、アラムコの石油施設が9月に攻撃を受け、業績への影響が明確になるまで延期したと伝えられていた。

 アラムコの企業価値は2兆ドル(約218兆円)ともみられており、実現すれば異例の大型上場となる。サウジ国内での上場後に国外で上場することを検討しており、東京証券取引所などが候補に挙がっている。