2020年東京五輪で酷暑を避けるためマラソン、競歩を札幌市で開催する計画は、30日から東京都内で行われる国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会、東京都などとの合同会議で協議される。IOCは札幌開催は決定済みとしているが、都の小池百合子知事は反発しており、あくまでも東京開催を求めて抵抗するとみられる。準備を急ぐ組織委などは発着点を含むコースの大枠の確定などを目指すもようだ。

 IOCで準備状況を監督する責任者のコーツ調整委員長、組織委の森喜朗会長、小池知事、橋本聖子五輪相の4者によるトップ級協議で議論する案も浮上している。