川崎市で開催中のKAWASAKIしんゆり映画祭が映画「主戦場」(ミキ・デザキ監督)の上映を中止した問題で、同映画祭への自作の出品を取り下げた白石和弥監督らが29日、東京都内で記者会見した。取り下げの理由を「最近の萎縮の連鎖を、表現の末端にいる者として止めなければいけないという思いで決断した」と述べた。

 同席の井上淳一監督は「忖度による無自覚な表現の放棄だ」と主催者を批判。白石監督は「映画を守る姿勢を見せてほしい。そうすれば僕らも一緒に闘える」と訴えた。

 出品を取り下げた「止められるか、俺たちを」(白石監督)など2作は同映画祭の会場近くで無料上映する予定。