京都大防災研究所と日本気象協会は29日、鹿児島市の桜島で、小型無人機ドローンを使って噴石の模型を投下し、落下時の衝撃力を調べる実験をした。噴火時に飛来物が建物などに与える影響を推定し、安全な設計や避難経路の作成に生かす。

 協会によると、模型は発泡スチロール製で直径約20~30センチ、重さ約500グラム。球体のほか、噴石のように凹凸のあるタイプの2種類の模型を用意。協会所有のドローン1機につり下げ、火口から約5キロ離れた地点で、約150メートル上空から計4回投下した。

 模型はセンサーを内蔵し、噴石が落下する際に空気から受ける影響や落下時の衝撃力を調べる。