ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で準決勝を勝ち抜いたイングランドと南アフリカが29日、決勝(11月2日・日産スタジアム)に向けて本格的な練習を再開した。イングランドは雨の中、東京都内で調整。ミッチェル・コーチが「世界で最もパワフルな2チームの激突」と強力FW同士がぶつかる激しい試合を予想した。

 イングランドは準決勝でFWのボール争奪戦と厳しいタックルで優位に立ち、ニュージーランドの3連覇を阻止した。ナンバー8のB・ブニポラは南アの大型FWに対し「脅威の一つ。受けて立ちたい」と闘志を燃やした。