鳥取県を「蟹取県」としてアピールしようと同県米子市で29日、「ウェルカニ料理コンテスト」が開かれた。県が進めるキャンペーンを後押しする目的で経済団体が中心となり初めて企画。水揚げ日本一を誇る境港(境港市)のカニを使った創作料理が披露された。

 市民ら約60人の審査員が笑顔で味わい、投票した。

 旅館・ホテル部門の最優秀賞は米子市の「皆生つるや」の「紅ずわい蟹すり流し」。カニ身と殻を煮込んだだしを白身魚の蒸し団子にかけた。

 飲食店部門では、境港市の「弓ケ浜」の「かにトロしゅうまい」が栄冠に。全ての料理は11月以降、各施設で食べることができる。