安倍政権は29日、萩生田光一文部科学相と河野太郎防衛相による相次ぐ問題発言を受け「これから引き締めて真摯に取り組む」(安倍晋三首相)と事態の沈静化を急いだ。問題が拡大すれば、日米貿易協定の国会承認などを巡る審議日程に影響が出かねないためだ。野党は菅原一秀前経済産業相の辞任に続く政権の不祥事と位置付け、萩生田、河野両氏の資質を問いただす方針だ。

 菅義偉官房長官は記者会見で「国民の信頼に応える努力を行い、一つ一つ実績を上げていくことが大事だ」と強調。公明党の山口那津男代表は首相と会談後、「国会の運営が滞らないようにしていくのは与党の重要な使命だ」と述べた。