NTTドコモは29日、従来型携帯電話向けのインターネット接続サービス「iモード」を2026年3月末に終了すると発表した。日本発の画期的なサービスとして一世を風靡したが、スマートフォンの急速な普及で利用者が減少していた。これに合わせて第3世代(3G)携帯電話のFOMA(フォーマ)も終了する。

 今年9月末時点のiモードの契約数は763万8千件、FOMAは自動販売機といった機器などへの設置も含め2066万1千件。iモードは1999年に始まり契約数はピーク時の2010年7月に約4900万件を突破した。ドコモは既にiモードとFOMAの新規受け付けを終了していた。