大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で大関に復帰した貴景勝が29日、福岡県篠栗町の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。秋場所の優勝決定戦で負傷した左大胸筋に不安を抱えるが「だいぶ胸も良くなった。もう出ますよ」と、出場に強い意欲を示した。

 四股やてっぽうなどで汗を流し、相撲は取らなかったが下位力士のぶつかりも受けた。昨年初優勝を果たし「人生のターニングポイントになった」という九州場所。「今年も自分にとっていい分岐点にできるように」と気を引き締めた。

 関脇に転落した先場所は、右膝のけがから復帰して12勝。大関に返り咲いた。