京都市が吉本興業と契約を結び、計100万円で同社所属の漫才コンビが市の施策をPRする内容をツイッターに投稿したことを巡り、市が事前に文面を確認していたことが29日、市への取材で分かった。

 市は吉本側に対し、ふるさと納税と市営地下鉄に関する発信をしてもらうよう依頼。具体的な文面については一任していたが、投稿前に市に送られた文面の内容を確認した。修正は要請していないという。

 投稿は広告だと明記されておらず、口コミを装ってPRする「ステマ」に該当するとの指摘がある。市民らから「契約の金額が高い」「投稿はステマではないか」などと多くの苦情が寄せられている。