立憲民主党の安住淳国対委員長は29日、萩生田光一文部科学相による大学入学共通テストへの英語民間検定試験導入を巡る「身の丈」発言撤回について「撤回では済まない。制度を中止した方がいい」と述べ、来年4月の導入延期を求めた。国会内で記者団に語った。

 同時に「身の丈でやれと言うのは言語道断だが、このままでは田舎で頑張っている高校生が都会の金持ちの高校生に比べて相当不利になることは明らかだ」と指摘した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表も愛知県知立市で記者団に「格差を容認するような発言は文科相として許されない。資質の問題を含めて国会で追及する」と強調した。