政府は29日、2019年度の文化勲章をノーベル化学賞に決まった電気化学の吉野彰(71)、狂言の野村萬(89)、政治学の佐々木毅(77)、写真の田沼武能(90)、数理工学の甘利俊一(83)、免疫学の坂口志文(68)の6氏に贈ることを決めた。文化功労者には映画の大林宣彦(81)、漫画の萩尾望都(70)、歌舞伎の坂東玉三郎(69)、メディア芸術(ゲーム)の宮本茂(66)ら21氏を選んだ。吉野氏も文化勲章と同時に選ばれた。

 令和初となる文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は5日に東京都内のホテルで開かれる。