梶山弘志経済産業相は29日の閣議後記者会見で、今月1日から始まったキャッシュレス決済のポイント還元制度に関し、財源が不足した場合には追加の予算措置を検討する考えを示した。「(予算が)不足する事態が見込まれる場合には、適切に対応していきたい」と述べた。

 政府は2019年度当初予算にポイント還元の原資として1786億円を計上している。制度開始後の推計では、1日平均10億円分のポイントが消費者に還元されており、利用状況次第では来年3月末までに原資が不足する恐れがある。