河野太郎防衛相は29日の参院外交防衛委員会で、28日の自身の政治資金パーティーで「私はよく地元で雨男と言われた。私が防衛相になってから既に台風は三つ」と発言したことに関し「不快な思いをされた皆さまにおわびを申し上げたい」と述べ、陳謝した。

 発言の趣旨は台風の被災地支援に当たる「自衛隊の努力と処遇改善の必要性だった」と釈明した。関係者によると、既に安倍晋三首相にも報告し、謝ったという。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は「台風被害に関する発言は慎重でなければならない。軽率だったのではないか」と愛知県知立市で記者団に述べた。