現代に生きている人類(現生人類)の祖先は20万年前にアフリカ南部で生まれたとの分析結果を、オーストラリアなどの国際研究チームが28日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。当時は大きな湖と緑豊かな自然が広がっており、そこが祖先にとってゆりかごのような存在となっていたとみられる。

 現在は乾燥したボツワナ・マカディカディ低地の周辺で、祖先たちは13万~11万年前ごろまで生活。植物の分布が拡大するのに合わせて南と北へ拡散を始め、6万年前にはアフリカを出て世界中に広がったとみられる。